コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤篤山 こんどう とくざん

2件 の用語解説(近藤篤山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

近藤篤山

江戸後期の儒者。伊予生。名は春秤@∋悊禄拱磧・名里鯊臠・△里楚袈縅此・眤析此∧鵡罎肪歿蓮μ涅愿纊B膾筺・掌佑波・F鷭Г量腓乏悗咫・僕醜饐・照郵四楡鹸朸擬・箸靴独融里房觧匈悗鮃屬犬襦・患彜崗飮海・蕕眈里┐蕕譟・僕柔賛佑箸盒弔・譴拭9芦州廓・扮846)歿、81才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤篤山 こんどう-とくざん

1766-1846 江戸時代後期の儒者。
明和3年11月9日生まれ。天明8年大坂で尾藤二洲(びとう-じしゅう)に入門,のち江戸の昌平黌(しょうへいこう)でまなぶ。寛政9年伊予(いよ)(愛媛県)に帰郷し塾をひらく。享和(きょうわ)2年伊予小松藩主一柳頼親(ひとつやなぎ-よりちか)にまねかれ藩校養正館教授となる。伊予聖人とよばれた。弘化(こうか)3年2月26日死去。81歳。本姓は高橋。名は春崧(しゅんすう)。字(あざな)は駿甫。通称は大八。別号に竹馬など。著作に「篤山余稿」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の近藤篤山の言及

【伊予国】より

…宇和島藩の内徳館教授安藤陽州は京都古義堂の出身であり,寛政期に岡研水が朱子学を導入した。寛政の三博士の一人尾藤二洲は川之江に生まれ,その弟子近藤篤山は小松藩に仕えて伊予聖人といわれた。松山藩の日下伯巌も朱子学者で,心学の田中一如は松山に六行(りくこう)舎を開いた。…

※「近藤篤山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

近藤篤山の関連キーワード岩永梅石五井鶴城佐藤東斎信夫槐軒菅新菴高楊浦里林壮軒林単山門司東里横田柏園

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone