コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一毫 イチゴウ

デジタル大辞泉の解説

いち‐ごう〔‐ガウ〕【一×毫】

1本の細い毛すじ。転じて、わずか。寸毫。「一毫の油断も許されない」
尺度の単位。→

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちごう【一毫】

〔「毫」は毛筋の意。多く打ち消しの語を伴って用いる〕
ごくわずか。寸毫。 「 -の隙すきもない」 「 -も取らず-も与へず/福翁百話 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一毫の関連キーワード傲・剛・劫・号・合・囂・壕・強・拷・業・毫・濠・號・豪・轟・郷歌川芳豊(2代)浅井一毫浅井幸八福翁百話九谷焼尺度自大毛筋美事寸毫

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一毫の関連情報