コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毫末 ゴウマツ

デジタル大辞泉の解説

ごう‐まつ〔ガウ‐〕【×毫末】

《毛の先の意》ごくわずかなこと。下に打消しの語を伴って用いられる。「彼の文章には毫末の誤りもない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうまつ【毫末】

〔「毫」は細い毛〕
ほんのわずかなこと。常に否定の語を伴って用いる。 「 -の邪念もない」 「道徳の観念と言つたら-もない/薄命のすず子 お室

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

毫末の関連キーワード傲・剛・劫・号・合・囂・壕・強・拷・業・毫・濠・號・豪・轟・郷毫髪

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android