コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毫末 ゴウマツ

デジタル大辞泉の解説

ごう‐まつ〔ガウ‐〕【×毫末】

《毛の先の意》ごくわずかなこと。下に打消しの語を伴って用いられる。「彼の文章には毫末の誤りもない」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうまつ【毫末】

〔「毫」は細い毛〕
ほんのわずかなこと。常に否定の語を伴って用いる。 「 -の邪念もない」 「道徳の観念と言つたら-もない/薄命のすず子 お室

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

毫末の関連情報