一白(読み)イッパク

大辞林 第三版の解説

いっぱく【一白】

陰陽道おんようどうの九星きゆうせいの一。五行では水に属し、本位は坎かん(北)とする。
馬の一本の足の下端の毛に白いまだらのあるもの。また、その馬。
一面に白いこと。まっしろなこと。 「村々の竹藪常磐木の類までも-なりき/自然と人生 蘆花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一白の関連情報