コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一白 イッパク

デジタル大辞泉の解説

いっ‐ぱく【一白】

九星の一。星では水星方角では北。
馬の1本の足の下端に白いまだらのあること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっぱく【一白】

陰陽道おんようどうの九星きゆうせいの一。五行では水に属し、本位は坎かん(北)とする。
馬の一本の足の下端の毛に白いまだらのあるもの。また、その馬。
一面に白いこと。まっしろなこと。 「村々の竹藪常磐木の類までも-なりき/自然と人生 蘆花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一白の関連キーワード治五右衛門(8代)上田流(馬術)富田知信(1)富田知信先天定位後天定位塩化白金八門遁甲斎藤兼光熊谷元一ハゴロモ紀州犬本命星本命津城

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android