コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一穂 イッスイ

デジタル大辞泉の解説

いっ‐すい【一穂】

1本の穂。
炎・煙などを穂に見立てていう語。
「獄内には―の灯(ともしび)だも無ければ」〈鉄腸・南洋の大波瀾〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっすい【一穂】

一本の穂。
〔穂と形が似ているところから〕 一つの灯火。また、ひとすじの煙。 「 -の春燈で豊かに照らされて居た六畳の間は/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一穂の関連キーワード出・吹・垂・帥・悴・推・水・炊・睡・穂・穗・粋・粹・翠・衰・遂・酔・醉・錐・錘・陲・隧コミュニティ・レストラン(コミレス)吾輩は猫である新平真里亜吉田 一穂柳久保小麦8月15日佐藤一英逸見猶吉吉田秀和メラニン詩と詩論真壁 仁織田一穂窪田般弥吉田一穂金子光晴モロコシ北原白秋加藤郁乎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一穂の関連情報