一穂(読み)いっすい

精選版 日本国語大辞典「一穂」の解説

いっ‐すい【一穂】

〘名〙
① 一つの。〔崔融‐代皇太子賀嘉禾表〕
② 穂と形の似ているもの一つ。灯火や細く立ち昇るなどにいう。
※和漢朗詠(1018頃)下「人煙一穂秋の村僻(さ)かれり、猿の叫び三声暁峡深し〈紀長谷雄〉」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「座賞の人に影を添へて孤燈一穂(イッスヰ)の光を奪ひ、終に間の壁へ這上(はひのぼ)る」 〔盧綸‐送張成季垂楊詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一穂」の解説

いっ‐すい【一穂】

1本の穂。
炎・煙などを穂に見立てていう語。
「獄内には―のともしびだも無ければ」〈鉄腸南洋の大波瀾〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android