一臂(読み)イッピ

大辞林 第三版の解説

いっぴ【一臂】

〔片腕のひじの意から〕
少しの助力。わずかばかりの援助。 「 -の労をとる」 「 -の味方となるべき人物/自由太刀余波鋭鋒 逍遥
[句項目] 一臂の力を仮す

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっ‐ぴ【一臂】

〘名〙 かたひじ。かたうで。転じて、わずかの力、少しの助力の意にいう。
※翰林葫蘆集(1518頃)八・与牧松「俾吾門益盛大者係于一臂矣」
※随筆・折たく柴の記(1716頃)中「我わづかに一臂(イッヒ)をふるひ」 〔北史‐薛道衡伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android