一般的人格権(読み)いっぱんてきじんかくけん(英語表記)Allgemeines Persönlichkeitsrecht

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般的人格権
いっぱんてきじんかくけん
Allgemeines Persönlichkeitsrecht

氏名権,肖像権プライバシー権などの個別的人格権が流出する源泉となる権利。ドイツ法において,判例,学説により認められている。その根拠は人間の尊厳の不可侵性 (基本法1) および人格の自由な発展を求める権利 (基本法2) にあり,ドイツ民法 823条1項の意味における絶対権と解されている。一般的人格権の承認により,従来は明定されていなかった諸種の個別的な人格利益の保護が可能となった。その侵害に対しては,侵害者の故意,過失の有無にかかわらず,侵害排除の請求をすることができ,侵害されるおそれがあるときは不作為請求をすることが可能である。また,一般的人格権の侵害が不法行為の要件を満たすときは,加害者に対し損害賠償の請求をすることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android