コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般的人格権 いっぱんてきじんかくけんAllgemeines Persönlichkeitsrecht

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般的人格権
いっぱんてきじんかくけん
Allgemeines Persönlichkeitsrecht

氏名権,肖像権プライバシー権などの個別的人格権が流出する源泉となる権利。ドイツ法において,判例,学説により認められている。その根拠は人間の尊厳の不可侵性 (基本法1) および人格の自由な発展を求める権利 (基本法2) にあり,ドイツ民法 823条1項の意味における絶対権と解されている。一般的人格権の承認により,従来は明定されていなかった諸種の個別的な人格利益の保護が可能となった。その侵害に対しては,侵害者の故意,過失の有無にかかわらず,侵害排除の請求をすることができ,侵害されるおそれがあるときは不作為請求をすることが可能である。また,一般的人格権の侵害が不法行為の要件を満たすときは,加害者に対し損害賠償の請求をすることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android