コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一酸化ケイ素(一酸化珪素) いっさんかけいそsilicon monoxide

1件 の用語解説(一酸化ケイ素(一酸化珪素)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いっさんかけいそ【一酸化ケイ素(一酸化珪素) silicon monoxide】

化学式SiO。別名モノックスmonox。密度2.24g/cm3の不透明な黒色ガラス状粉末で,融点1700℃以上。二酸化ケイ素SiO2に炭素または炭化ケイ素を反応させてつくる。空気中では表面が酸化され二酸化ケイ素の被膜を形成するので,薬品等に侵されにくい。水に入れると反応して水素を発生する。フッ化水素酸,あるいはフッ化水素酸と硝酸の混合物に可溶。温アルカリ溶液には溶けて水素を発生し,ケイ酸を生ずる。酸素中では燃える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

一酸化ケイ素(一酸化珪素)の関連キーワード星間メーザー松永渚尾方宣久開高明日香松田青華大隈優子長友理恵二酸化炭素吸収材料同位体効果モノセックス

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone