コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミラ ミラ Mira

8件 の用語解説(ミラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミラ
ミラ
Mira

くじら座ο星 (ο-Cet) の固有名。典型的な長周期変光星で,変光周期は 331.6日,最大光度は 2.0等に達し,暗いときの約 1000倍で同じ星座のα星より明るくなる。スペクトル型は M5から M9の間で変化し,暗いB型伴星をもつ連星

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ミラ(〈ラテン〉Mira)

不思議なものの意》鯨座にある恒星。最初に発見された変光星で、代表的な長周期脈動変光星。色は赤く、332日の周期で2.0等から10.1等まで明るさが変わる。

ミラ(Myra)

《「ミュラ」とも》小アジアにあった古代都市。現在のトルコ南西部の町カレに位置する。古代リキア王国の主要都市として栄えた。リキア最大級の円形劇場アルテミス神殿などの遺跡が残っている。また、サンタクロースモデルとして知られる聖ニコラウスの故地であり、墓の上に建てられたという聖ニコラウス教会の遺跡もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミラ

くじら座のο星。代表的な長周期変光星で,約331日の周期で3〜9等程度に変光。最初に発見された変光星(1596年,D.ファブリチウス)で,ラテン語ステラ・ミラ(不思議な星)に由来する。
→関連項目くじら(鯨)座

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ミラ

ダイハツ工業が1980年から製造、販売している軽自動車。3、5ドアハッチバック。同社の主要車種の一つ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミラ【Mira】

くじら座のο星。ラテン語のステラ・ミラstella mira(不思議な星の意)の,ミラだけが残った名である。この星は,約331日ほどの周期で3等程度から9等程度に変光している(周期,光度ともその振幅に変動がある)長周期変光星である。この変光は,1596年,ドイツのD.ファブリチウスによって発見された。半径の20%ほどが変光に伴って脈動している。最大直径は,太陽の500倍近いと考えられている。概略位置は赤経2h19m,赤緯-2゜59′。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ミラ【Mira】

鯨座にある恒星。最初に発見された長周期の脈動変光星で、周期332日。極大等級は2.0等、極小等級は10.1等。赤色巨星。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミラ
みら
Mira

くじら座のο(オミクロン)星の固有名。長周期脈動変光星(ミラ型変光星)を代表する恒星。1596年ファブリキウスによりこの星の変光が発見され、ラテン語で「不思議なもの」の意味でミラと名づけられた。最初に発見された変光星として有名。脈動周期332日で、実視等級が2.0等から10.1等まで変化する。色指数(BV)もプラス1.42等からプラス1.61等まで変化する(天体の色を表す指標の一つで、青色B等級から実視V等級を引いたもの)。Kバンド(赤外波長帯2.2マイクロメートル)で観測した場合はマイナス2.4等と明るい。スペクトル型は平均してM7eだがM5e~M9eと変化する。進化の最終段階にある中小質量のAGB星(漸近巨星分枝星)。
 2000年の天球上の位置は、赤経2時19分21秒、赤緯マイナス2度58.7分で、毎年10月25日ごろ真夜中に南中する。固有運動は240ミリ秒角/年でほぼ南の方角に動く。視差は7.8ミリ秒角で地球からの距離はおよそ420光年。星の角直経が測定されており光球の半径は太陽の500倍程度。表面温度は2350K(ケルビン)。光度は太陽の6500倍程度と推定されている。スペクトルにはつねに輝線が観測される。ミラの外層大気の形は球状ではなく楕円(だえん)体状または非対称形状を示す。観測する波長によって星の大きさは違って見える。またこの星はガスを放出しており、その量は毎年太陽質量の1000万分の3程度と推定されている。ミラは多量のガスやダスト(固体微粒子)に取り巻かれている。ガスは分子に富んでいて、電波や赤外線で一酸化炭素CO、水H2O、一酸化ケイ素SiOなどの分子スペクトルが観測されており、電波でSiOメーザー(星の外周圏の分子が熱平衡状態になく、エネルギーが高い準位にある分子数が低い準位にある分子数より多いと、誘導放出が加速度的に増幅され強力なマイクロ波が放射される)が観測されている。ダストは光球半径の2~3倍よりも外でつくられている。
 ミラは実視連星系をなしており、ミラが暗くなった1923年にすぐ近くに高温の伴星ミラBが発見された。伴星は実視等級が10等~12等でスペクトル型Beの変化の激しい変光星である。主星ミラAの大気から高速で外に向かって吹き出す星風を受け活動的なのであろう。伴星も星風を出しており、主星からの星風と衝突している。伴星は公転により主星からの角距離が0.91秒角(1923)、0.61秒角(1990)と変化している。公転周期は400年以上とされる。主星ミラAの外層大気の形が楕円体状または非対称形状である原因は、近くに存在している伴星ミラBとの相互作用の結果であると考えられている。[山崎篤磨]
『パトリック・ムーア著、岡崎彰・吉岡一男訳『星・物語――100億光年のかなたから』(1992・丸善) ▽藤井旭著『秋の星座と星ものがたり――秋の星座と神話を楽しもう』(1993・誠文堂新光社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミラの関連キーワード俗ラテン語ハクジラ類鯨座拉葡日対訳辞書羅甸ミラノ・スカラ座管弦楽団一次ラテライト二次ラテライトステラライトくじら座 ZZ 型星

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミラの関連情報