コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭化ケイ素 たんかケイそ silicon carbide

翻訳|silicon carbide

2件 の用語解説(炭化ケイ素の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭化ケイ素
たんかケイそ
silicon carbide

化学式 SiC 。コークスとケイ砂を電気炉で加熱して製造する。通称のカーボランダムはかつての商品名。緑色ないし青黒色の結晶。硬度 9.5でダイヤモンド炭化ホウ素に次いで硬い。融点 2700℃以上,約 2200℃で昇華が始まる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

炭化ケイ素
たんかけいそ
silicon carbide

炭素とケイ素の化合物。シリコンカーバイドともいう。1891年アメリカのE・G・アチソンがダイヤモンドを得ようと、粘土とコークスの混合物を炭素弧光(アーク)灯で熱したとき、きらきらする物質をみつけ、これを炭素とコランダムアルミナ)の化合物と思いカーボランダムCarborundum(商品名)と命名しカーボランダム社が設立され、工業的に製造されるようになった(1892)。
 珪石(けいせき)SiO2とコークスを電気炉で2400℃ぐらいに溶融し冷却すると微細結晶の集合体が得られるので、これを砕いて使用する。多くα(アルファ)型が得られる。ケイ素とカーボンブラックをアルゴン気流中1800℃に熱するとβ(ベータ)型が得られる。その他多くの変態が得られている。純粋なものは、無色、六方晶系(高温安定型)に属し、屈折率が2.65と大きいので大きな結晶は鏡のように輝く。不純物(アルミニウム、マグネシウム、カルシウム、黒鉛、ケイ素の単体など)により青色、灰色、黒色となる。工業製品は多くが青黒色で化学的に不活性で、1000℃以下で酸素と反応しない。純粋なものは本質的な半導体。ダイヤモンドに次ぐ硬さをもち、モース硬さ9.5。研摩材として、砥石(といし)、研摩布紙などに用いられるほか、耐熱性、耐食性があり、強度、安定性に優れ特殊耐火物、化学反応器や電気抵抗体などにも用いられる。純粋なβ型はトランジスタ、ダイオード、発光ダイオードなどに用いられる。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炭化ケイ素の関連キーワードコークス炉ガスコークスコークスクリュー炭化珪素コカ・コーラウエストレッドスパークスネクスト・KSボックスモイストケアとけいのほん半成コークス炭化ケイ素(炭化珪素)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

炭化ケイ素の関連情報