ケイ酸(読み)ケイさん(英語表記)silicic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケイ酸
ケイさん
silicic acid

正しくはオルトケイ酸 H4SiO4 をいうが,メタケイ酸 H2SiO3 ,メタ二ケイ酸 H2Si2O5 ,メタ三ケイ酸 H4Si3O8 ,メタ四ケイ酸 H6Si4O11 を含めていうこともある。オルトケイ酸は四ハロゲン化ケイ素を加水分解するとき得られる白色粉末。冷水に微溶,熱水に可溶。水溶液はメチレンブルーで青黒色を呈する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケイ酸
けいさん
silicic acid

オルトケイ酸H4SiO4のほかメタケイ酸H2SiO3、メタ二ケイ酸H2Si2O5など、一般式SiO2nH2Oで表される一定組成をもつ固体物質をさすが、純粋なものが得られにくく、含水量の一定しない二酸化ケイ素もケイ酸とよんでいる。岩石学では二酸化ケイ素をケイ酸とよぶことがある。四塩化ケイ素を加水分解したり、オルトケイ酸アルカリを塩酸で処理し、生成物をエーテル、ベンゼンなどで洗って乾燥すると、白色粉末のオルトケイ酸が得られるが、正確にH4SiO4の組成のものを得るのはむずかしく、メタケイ酸やメタ二ケイ酸などが混ざってくるといわれる。冷水に微溶、熱水に可溶。アルカリにはかなり溶けるが、塩酸、硫酸、硝酸には溶けない。熱するか、無水アルコール、濃硫酸により脱水される。二酸化ケイ素と塩基のモル比が異なる種々のケイ酸塩が知られているが、それらに対応する遊離のケイ酸がいつも得られるわけではない。多量の塩酸に少量の水ガラス(ケイ酸ナトリウム)を加えると、ケイ酸のコロイド溶液が得られる。また、水ガラスの水溶液に塩酸を加えると、ケイ酸が白色ゼラチン状沈殿として得られる。このケイ酸を減圧下で300℃ぐらいに加熱脱水すると、数%の水分しか含まないものが得られる。これがシリカゲルで、気体を吸着する力が強い。いったん吸着された気体も、熱すればふたたび放出される。この性質を利用して、シリカゲルは触媒や乾燥剤として広く用いられる。[守永健一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケイ酸の関連情報