リン酸水素カルシウム(読み)りんさんすいそかるしうむ(英語表記)calcium hydrogen phosphate

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リン酸水素カルシウム
りんさんすいそかるしうむ
calcium hydrogen phosphate

リン酸の水素カルシウム塩(いわゆる酸性カルシウム塩)。次の2種類のものがある。
(1)リン酸一水素カルシウムcalcium secondary phosphate 第二リン酸カルシウムともいう。化学式CaHPO4、式量136.06。リン酸二水素カルシウムの水溶液に、リン酸水素二ナトリウムを加え、生成した沈殿を水中に放置すると二水和物CaHPH4・2H2Oの無色の結晶が得られる。式量172.1。工業的には石灰乳にリン酸を反応させて製造する。二水和物には六方晶系、斜方晶系、単斜晶系のものがある。109℃で二分子の水がとれ、さらに加熱するとピロリン酸カルシウムCa2P2O7になる。水にはほとんど溶けないが酸には溶ける。エタノール(エチルアルコール)には不溶。肥料、栄養剤、医薬品、歯みがき用基材など多方面にわたる用途がある。
(2)リン酸二水素カルシウムcalcium dihydrogenphosphate 第一リン酸カルシウムともいう。化学式Ca(H2PO4)2、式量234.1。リン酸に炭酸カルシウムまたは水酸化カルシウムを溶解させ、溶液を蒸発濃縮すると一水和物Ca(H2PO4)2・H2Oが結晶(三方晶系)する。式量252.1。比重は16℃で2.220。リン酸カルシウムに計算量の硫酸を加えても得られる。工業的には燐(りん)鉱石を原料として用い、副生する硫酸カルシウムとの混合物(過リン酸石灰)をそのまま肥料として用いる。一水和物は無色の結晶で109℃で脱水し、200℃で分解してメタリン酸カルシウムCa(PO3)2になる。30℃で水100グラムに1.8グラム溶けるが、熱水では分解する。エタノールには溶けない。水溶性の肥料として重要であり、エナメルやガラスの製造にも用いられる。[鳥居泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android