コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一雲 いちうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一雲 いちうん

?-? 織豊時代の画家。
天正(てんしょう)(1573-92)ごろ肥前長崎にすむ。狩野永徳門人。通称は弥三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

一雲の関連キーワード歌川国久(2代)針ヶ谷夕雲針谷夕雲寺田宗有歌川国長川僧慧済逆翁宗順井鳥巨雲誘導運動織豊時代富田牛生神谷潤亭先意流碧巌録雲弘流雲門宗八条流天正雨冠雲気

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一雲の関連情報