コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一霞 ヒトカスミ

デジタル大辞泉の解説

ひと‐かすみ【一×霞】

[名]ひとすじの霞。また、一面の霞。
「明石潟(あかしがた)おき行く舟もかつ消えて―なる波の上かな」〈夫木・二〉
[副]
程度が深まるさま。ひとしお。
「今―心細うあはれにて」〈増鏡・久米のさら山〉
見渡す限りに広いさま。
「あの樋(ひ)の口から向かうの松まで―譲りし上田」〈浄・振袖始〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとかすみ【一霞】

( 名 )
一面におおうかすみ。 「 -なる波の上かな/夫木 2
一すじのかすみ。 「 -野中の庵にたなびきて/基佐集」
( 副 )
いっそう。ひとしお。 「(舟ヲ)遥かに押し出だす程、いま-心細うあはれにて/増鏡 久米のさら山
見渡すかぎり。 「あの樋の口から向ふの松まで-譲りし上田/浄瑠璃・日本振袖始」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android