コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁田 ていでんchǒngjǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丁田
ていでん
chǒngjǒn

朝鮮,新羅の律令制下の班田をいう。『三国史記』の聖徳王 21 (722) 年8月の条に「はじめて百姓に丁田を給す」とあり,新羅律令体制の基礎になる良民への土地支給がこのときに始ったといわれる。新羅の班田制がある程度実施されたことは,戸籍の発見で実証されるが,景徳王 16 (757) 年3月に官僚の月俸制をやめ,禄邑制に復活していることから,丁田制も自然消滅したと思われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

丁田の関連キーワード母子島遊水地と旭ケ丘新羅(しらぎ)府兵制[朝鮮]丁田町一町田

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丁田の関連情報