班田(読み)あかちだ

精選版 日本国語大辞典「班田」の解説

あかち‐だ【班田】

〘名〙 (「」の訓読語) 令制で、人民に分かち与えた口分田(くぶんでん)。また、分かち与えること。男、女、奴婢(ぬひ)におのおの面積を定めて与え、六年ごとに収授した。
書紀(720)白雉三年正月(北野本訓)「正月より是の月に至るまでに、班田(アカチタ)すること既に訖(をは)りぬ」

はん‐でん【班田】

〘名〙 田令の規定により、口分田を班給すること。また、その口分田。あかちだ。
※令集解(868)職員「讚云。〈〉諸国経弁官、申班田之状、弁官受取、不勘事、経申大臣、令処分之類是也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「班田」の解説

あかち‐だ【班田】

はんでん(班田)」に同じ。
「戸籍、計帳かずのふむた、―収め授くるのり」〈孝徳紀〉

はん‐でん【班田】

律令制で、人民に耕作させる田を分かち与えること。また、その分けられた田。あかちだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android