コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁雲鵬 ていうんぽうDing Yun-peng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丁雲鵬
ていうんぽう
Ding Yun-peng

[生]嘉靖26(1547)?
[没]崇禎1(1628)
明末の画家。字は南羽,号は聖華居士。休寧 (安徽省) の人。道釈画を得意とし,江南において当時の仏教界を指導した禅僧真可らと親交し,多くの仏画を制作したが,董其昌 (とうきしょう) ,莫是龍,米万鐘らとも交友があり,画域は幅広かった。画風は明末「奇想派」の一人にあげられるほど奇異であるが,人物画後代に大きな影響を与えた。詩文にもすぐれ,著書に『丁南羽集』がある。代表作『玄扈出雲曉日図』 (14,クリーブランド美術館) ,『観音五像図巻』 (ネルソン美術館) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

丁雲鵬の関連キーワード安徽省

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android