七つの宝(読み)ななつのたから

精選版 日本国語大辞典の解説

ななつ【七つ】 の 宝(たから)

仏教でいう七種の珍貴な宝石の総称。無量寿経では、金・銀・瑠璃・玻璃・硨磲(しゃこ)・珊瑚・瑪瑙(めのう)をいい、法華経では、金・銀・瑠璃・硨磲・瑪瑙・真珠・玫瑰(ばいかい)をいうなど種々の数え方がある。七種(ななくさ)の宝。ななの宝。七宝(しちほう)
※宇津保(970‐999頃)沖つ白浪「金銀瑠璃綾錦して造り磨きてななつのたからを山と積み」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android