コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ばいかい

2件 の用語解説(ばいかいの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ばいかい

証券取引用語。同一業者が同一銘柄,同一数量の株式について同一価格,同一受渡期限で売りと買いを組み合わせ,取引所の帳簿の上で売買を同時に行う方法。多額の注文を処理し,価格を安定させる利点と同時に公正な価格形成を妨げる等の欠点もあり,1967年10月以降禁止され,かわってクロス商いが導入された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ばいかい
ばいかい

証券取引所の会員である証券業者が、株式の売買に際し、銘柄、数量、価格、受渡し期間の同じ売り注文と買い注文とを付き合わせて売買契約を締結させること。同一証券業者が売り(ばい)と買い(かい)を同時に出すことから、「ばいかい」という。ばいかいには、委託による売買注文を個別に契約しないで、顧客同士の売り・買いを一括して付け合わせる「付け合わせばいかい」と、委託注文に対して、ほかに売り呼び値または買い呼び値のないとき、証券会社が自己の勘定で反対の売買を付け合わせて売買をまとめる「仕切りばいかい」とがある。ばいかいによって証券業者は、取引所内で成立した価格を利用し安定価格で大量の売買注文をまとめることができるという利点がある反面、時間優先の基本原則が無視され、公正な価格形成が阻害されるなどの弊害もあって、株式取引については禁止された。その後、この付け合わせが取引所の立会場内で行われるクロス売買(商いばいかい)にこの売買方法が用いられるようになった。なお、債券取引については、ばいかいが認められている。[桶田 篤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばいかいの関連キーワード一業所感上鞘下鞘同一概念同一体同一哲学同一点値洗い売り繋ぎ両建

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ばいかいの関連情報