コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ばいかい

百科事典マイペディアの解説

ばいかい

証券取引用語。同一業者が同一銘柄,同一数量の株式について同一価格,同一受渡期限で売りと買いを組み合わせ,取引所帳簿の上で売買を同時に行う方法。多額の注文を処理し,価格を安定させる利点と同時に公正な価格形成を妨げる等の欠点もあり,1967年10月以降禁止され,かわってクロス商いが導入された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ばいかい
ばいかい

証券取引所の会員である証券業者が、株式の売買に際し、銘柄、数量、価格、受渡し期間の同じ売り注文と買い注文とを付き合わせて売買契約を締結させること。同一証券業者が売り(ばい)と買い(かい)を同時に出すことから、「ばいかい」という。ばいかいには、委託による売買注文を個別に契約しないで、顧客同士の売り・買いを一括して付け合わせる「付け合わせばいかい」と、委託注文に対して、ほかに売り呼び値または買い呼び値のないとき、証券会社が自己の勘定で反対の売買を付け合わせて売買をまとめる「仕切りばいかい」とがある。ばいかいによって証券業者は、取引所内で成立した価格を利用し安定価格で大量の売買注文をまとめることができるという利点がある反面、時間優先の基本原則が無視され、公正な価格形成が阻害されるなどの弊害もあって、株式取引については禁止された。その後、この付け合わせが取引所の立会場内で行われるクロス売買(商いばいかい)にこの売買方法が用いられるようになった。なお、債券取引については、ばいかいが認められている。[桶田 篤]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ばいかいの関連キーワード腎症候性出血熱(流行性出血熱)海外旅行で気をつけたい感染症腺熱リケッチア症ペスト(黒死病)回帰熱(再帰熱)Q熱(塹壕熱)黄熱(黒吐病)小さん金五郎物アステロイドパラメーター発疹チフスアンヘレス仕切り売買機関投資家デング熱発疹熱助変数感染症径数

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android