コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七五三長斎 しめ ちょうさい

美術人名辞典の解説

七五三長斎

俳人。通称倉舗屋作右衛門公済。放雀園・柿壷・酔郷祭酒等と号する。大魯門。編著『万家人名録』等。文政7年(1824)歿、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

七五三長斎 しめ-ちょうさい

1757-1824 江戸時代中期-後期の俳人。
宝暦7年生まれ。大坂で船宿をいとなむ吉分大魯(よしわけ-たいろ)の門人。文化10年全国の俳人六百余人の名鑑「万家人名録」を編集した。ほかに編著「やまかけ集」など。文政7年4月19日死去。68歳。名は公済。字(あざな)は廷美。通称は作右(左)衛門。別号に柿壺,柿耶丸,放雀園など。屋号は七五三屋,倉敷屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

七五三長斎の関連キーワード長斎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android