コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七去三不去 しちきょさんふきょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七去三不去
しちきょさんふきょ

日本の令制における棄妻についての規定。唐令の七出にならったものといわれ,七去とは,夫が一方的に妻を離別 (棄妻) できる7つの事由養老戸令によれば (1) 子のないこと,(2) 淫乱なこと,(3) 父母に従順でないこと,(4) おしゃべりなこと,(5) 盗みを働くこと,(6) 嫉妬すること,(7) たちの悪い病気のあること,の7つであった。このうち (2) と (7) の場合を除いては,妻に次の3つの事実があれば,棄妻は許されなかった。これを三不去という。舅姑の喪を果した場合,めとるときは賤であったが,のち富貴になった場合,帰る家のない場合の3つであった。以上のような条件で,妻を離婚する場合,その旨を手書して牒状をつくり,近親連署をもって官司に提出した。しかし,夫が棄妻するか否かは自由で,たとえ条件に合っていても強制はされなかった。なお大宝令では (7) の悪疾を欠き,六去であったとの説もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

七去三不去の関連キーワード女訓抄

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android