コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牒状 チョウジョウ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐じょう〔テフジヤウ〕【×牒状】

順番に回して用件を伝える書状。まわしぶみ。回文。回状。
「山(=比叡山)へも奈良(=興福寺)へも―をこそ送りけれ」〈平家・四〉
国から国への書状。国書。
「この度は、いと苦々しう、―とかや持ちて参れる人などありて」〈増鏡・老のなみ〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうじょう【牒状】

まわしぶみ。回状。 「一味同心に僉議して、山へも奈良へも-をこそおくりけれ/平家 4
訴訟の内容を書いた書状。訴状。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

牒状の関連キーワード深心院関白記七去三不去牒送・牒奏一味同心日蓮宗日蓮覚明牒送書状訴状訴訟回状

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android