牒状(読み)ちょうじょう

精選版 日本国語大辞典「牒状」の解説

ちょう‐じょう テフジャウ【牒状】

〘名〙
※続日本後紀‐承和一三年(846)一一月壬子「右少弁善男牒状、雖律令数条、不受推之理
② 寺院間で交わされる文書。
※平家(13C前)四「一味同心に僉議して、山へも奈良へも牒状をこそおくりけれ」
③ 国の元首が、その国の名をもって他国に遣わす国書。
水左記‐承暦四年(1080)閏八月二六日「大宋人黄逢随身牒状着太宰府

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「牒状」の解説

ちょう‐じょう〔テフジヤウ〕【×牒状】

順番に回して用件を伝える書状。まわしぶみ。回文。回状。
「山(=比叡山)へも奈良(=興福寺)へも―をこそ送りけれ」〈平家・四〉
国から国への書状。国書。
「この度は、いと苦々しう、―とかや持ちて参れる人などありて」〈増鏡のなみ〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「牒状」の解説

【牒状】ちようじよう

通牒

字通「牒」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android