コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七瀬の祓 ナナセノハラエ

デジタル大辞泉の解説

ななせ‐の‐はらえ〔‐はらへ〕【七瀬の×祓】

平安時代以降、朝廷で毎月または臨時に行った公事(くじ)の一。吉日を選んで、天皇災禍を負わせた人形(ひとがた)を七人の勅使の手で加茂七瀬などの七つの瀬に持ってゆき、をして流した。鎌倉幕府もこれに準じて行った。七瀬の御禊(みそぎ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ななせのはらえ【七瀬の祓】

平安中期以降、宮中で毎月または臨時に行われた祓。天皇の災厄を移した人形ひとがたを七人の勅使が七か所の水辺(大七瀬・霊所七瀬・加茂七瀬などの組み合わせがある)に流すもの。一般貴族もこれに倣ならい、また鎌倉幕府も鎌倉に七瀬を選定した。七瀬の禊みそぎ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

七瀬の祓の関連キーワード組み合わせ水辺宮中災厄

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android