七転八起(読み)しちてんはっき

四字熟語を知る辞典「七転八起」の解説

七転八起

七たびころんで八たび起きること。倒れても倒れても起き上がること。幾多の失敗にも屈しないで戦い抜くこと。ななころびやおき。

[使用例] 小学校しか卒業していない私にとって、大学出で威張っている連中を蹴散らすつもりの七転八起の戦いの人生であったが[是川銀蔵*自伝波乱を生きる|1991]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「七転八起」の解説

しちてん‐はっき【七転八起/七×顛八起】

[名](スル)《7回転んで8回立ち上がる意から》何回失敗してもくじけず、立ち直ってどこまでもやりぬくこと。ななころびやおき。「―してついに成功をおさめる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android