万丈悟光(読み)ばんじょう ごこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

万丈悟光 ばんじょう-ごこう

1815-1902 江戸後期-明治時代の僧。
文化12年4月12日生まれ。黄檗(おうばく)宗。豊前(ぶぜん)小倉(福岡県)の福聚寺(広寿山)の鶴洲達峰の法をつぐ。師の没後,良忠如隆に師事。如隆が京都宇治の万福寺住職になると師にしたがい,明治10年万福寺をつぐ。明治35年6月9日死去。88歳。豊前下毛郡(大分県)出身。俗姓荒瀬別号逍遥

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android