コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万国博記念公園 バンコクハクキネンコウエン

3件 の用語解説(万国博記念公園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ばんこくはく‐きねんこうえん〔‐キネンコウヱン〕【万国博記念公園】

大阪府北部、吹田(すいた)市北東部の千里丘陵にある公園。面積2.6平方キロメートル。昭和45年(1970)3月15日~9月13日に開かれた万国博覧会を記念して、その跡地に建設された。日本庭園、自然文化園、大阪日本民芸館国立民族学博物館スポーツ施設などがある。通称は万博記念公園、正式名称は日本万国博覧会記念公園。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔大阪府〕万国博記念公園(ばんこくはくきねんこうえん)


大阪府吹田(すいた)市北部にある公園。1970年(昭和45)開催の日本万国博覧会を記念して会場跡地につくられた。1972年開園。面積約260ha。太陽の塔を中心とする園内には、日本庭園・自然文化園・国立民族学博物館・各種スポーツ施設などがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

万国博記念公園
ばんこくはくきねんこうえん

大阪府吹田(すいた)市にあり、1970年(昭和45)に開催された万国博覧会の広大な跡地を利用した公園。正式名称は、日本万国博覧会記念公園。一般に万博公園、万博記念公園ともよばれる。面積264万平方メートル。1972年、芸術・学術、スポーツ、レクリエーションを3本柱として計画整備された。万国博ホール、日本庭園は残され、野球場、テニスコート、プールなどのスポーツ施設、ジェットコースターなどのあるエキスポランドのほか、国立民族学博物館、国立国際美術館、日本民芸館、自然文化園などがつくられた。[樋口節夫]
 その後、施設の老朽化などにより、万国博ホール、プールなどが閉鎖、撤去され、国立国際美術館は、大阪市の中之島へ移転した。エキスポランドは、2007年(平成19)より休業していたが、2009年廃業した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

万国博記念公園の関連キーワード豊中吹田[市]大阪府吹田市大阪府吹田市千里丘大阪府吹田市千里万博公園大阪府吹田市千里山高塚大阪府吹田市千里山竹園大阪府吹田市千里山西大阪府吹田市千里山東大阪府吹田市南吹田