コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立民族学博物館 こくりつみんぞくがくはくぶつかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国立民族学博物館
こくりつみんぞくがくはくぶつかん

世界の諸民族の生活と文化についての標本と情報の収集,その展示公開を行なう博物館。大学共同利用機関として 1974年に設立され,1977年に開館した。初代館長は梅棹忠夫。展示のほか映像や音響による情報を観客が自由に選択できるビデオテークなどの施設,設備をもち,日本における民族学研究センターとしての役割を担う。収蔵品は標本,映像・音響資料,文献図書など総数 60万点をこえる。六つの研究部・センターに分かれ,これに国内外からの客員研究員が加わった。また,1988年各大学共同利用機関に総合研究大学院大学が創設された際に文化科学研究科が設置され,本格的な研究者養成も始まった。『国立民族学博物館研究報告』など刊行物の発行のほか,講演会や研修会を開くなど多彩な活動を行なう。2004年,大学共同利用機関法人である人間文化研究機構の一組織となり,研究部を改組した。所在地は大阪府吹田市

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こくりつ‐みんぞくがくはくぶつかん〔‐ミンゾクガクハクブツクワン〕【国立民族学博物館】

大阪府吹田市にある、民族学・文化人類学分野に関する博物館。大学共同利用機関の一つとして設置され、研究・教育のほか、世界各地の民族資料の収集・展示を行う。昭和52年(1977)開館。愛称、みんぱく(民博)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

国立民族学博物館【こくりつみんぞくがくはくぶつかん】

大阪府吹田(すいた)市千里にある日本最初の民族学・文化人類学研究のための博物館。1974年設立,1977年開館。約25万点の標本資料が集められ,うち一部を展示。
→関連項目梅棹忠夫国際日本文化研究センター吹田[市]千里丘陵総合研究大学院大学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくりつみんぞくがくはくぶつかん【国立民族学博物館】

世界の諸民族の資料を収集・保管し,民族学に関する調査・研究を行うとともに,その研究の成果を一般に展示することを目的に,1974年6月に設立された研究機関。制度的には文部省直轄の国立大学共同利用機関の一つとして位置づけられ,民族学の研究センター,情報センターとしての役割を有している。 大阪の北部,吹田市千里万博記念公園に建設され,77年秋に展示場の一部を一般に公開した。その後,展示場,講堂,収蔵庫などを増築し,83年末現在(以下同じ),建物の延面積は3万8580m2。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こくりつみんぞくがくはくぶつかん【国立民族学博物館】

民族学・文化人類学に関する大学共同利用機関。国内および世界各地の民族資料の収集・展示とそれらに関する研究を行う。大阪府吹田市の万国博記念公園内に1977年(昭和52)開館。2004年(平成16)大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立民族学博物館に移行。通称、民博。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の美術館・博物館INDEXの解説

こくりつみんぞくがくはくぶつかん 【国立民族学博物館】

大阪府吹田市にある歴史博物館。昭和49年(1974)創立、昭和52年(1977)開館。略称「みんぱく」。文化人類学・民族学の調査研究、資料の収集・保存、展示を行う。総合研究大学院大学の文化科学研究科を設置する大学共同利用機関。万博記念公園内にある。
URL:http://www.minpaku.ac.jp/
住所:〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1
電話:06-6876-2151

出典|講談社日本の美術館・博物館INDEXについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国立民族学博物館
こくりつみんぞくがくはくぶつかん

民族学・文化人類学の研究センターの役割を果たし、研究の成果を博物館を通じて公開する研究博物館。大阪府吹田(すいた)市千里(せんり)の万国博記念公園(万国博跡地)内にあり、1974年(昭和49)梅棹忠夫(うめさおただお)を初代館長として発足し、77年に開館。94年(平成6)には、世界諸地域を対象として総合的な地域研究を行う「地域研究企画交流センター」(2006年廃止、その機能は京都大学地域研究統合情報センターに統合)が付設された。法律的には、大学共同利用機関の一つとして国立大学に準じた組織で、教授、准教授、助教から構成される研究部、研究戦略センター、文化資源研究センター、および情報管理施設、管理部から構成されている。2004年に法人化され、大学共同利用機関法人・人間文化研究機構の一員となった。2008年現在、教授が28名、准教授が26名、助教が4名で、ほかに客員教授が20名、客員准教授が7名である。世界各地の民族標本約26万点のほか、多数の図書、映像・音響資料を所蔵する。世界各地での現地調査をはじめ、館外の研究者を組織して共同研究を行う、アジアで最大級の民族学研究の拠点である。同館には、総合研究大学院大学の文化科学研究科(地域文化学専攻・比較文化学専攻)が設置され、民族学を研究する学生の教育にも従事している。同大学は、大学共同利用機関を母体として設立された、学部をもたず大学院博士課程後期学生のみを教育する国立大学である。
 常設展示は、オセアニア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、西アジア、南アジア、東南アジア、中央・北アジア、東アジア(日本を含む)の地域展示と通文化的に構成された音楽展示、言語展示、情報展示から構成されている。ほかに、特定のテーマに基づいて企画される特別展示、コレクション展示も開催されている。また、数百編の映像プログラムから好きな番組を選択して見ることができる「ビデオテーク」、音声と画像によって展示品の解説をする携帯端末「みんぱく電子ガイド」システムを開発するなど、先端的技術を展示に取り入れている。水曜日休館。土曜日は小、中、高校生入館無料。[石毛直道]
『梅棹忠夫・祖父江孝夫編『世界の美術館22――国立民族学博物館 諸民族の文化と相互理解』『国立民族学博物館――諸民族の文化を目で見るガイドブック』(1979・講談社) ▽梅棹忠夫著『博物館長の10年――国立民族学博物館の記録』(1987・平凡社) ▽梅棹忠夫著、国立民族学博物館編『民博・早わかり――国立民族学博物館とはどんなところか』(1992・千里文化財団) ▽国立民族学博物館編『国立民族学博物館展示ガイド』(2000・千里文化財団)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

国立民族学博物館の関連キーワードフランス国立民衆芸術伝統博物館ジェームズ クリフォードロバート・J. スミス国立歴史民俗博物館日本常民文化研究所C. アウエハントジャーヌ コビー共同利用研究所P. ティーレR. クラーク万国博記念公園大阪府吹田市吹田(市)祖父江孝男佐々木高明映像人類学サタワル島田中 千代渋沢敬三泉 靖一

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国立民族学博物館の関連情報