コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万物一体論 ばんぶついったいろんwàn wù yī tǐ lùn

世界大百科事典 第2版の解説

ばんぶついったいろん【万物一体論 wàn wù yī tǐ lùn】

中国思想史上の主題。荘子慧遠などにもみられるが,北宋の程顥(ていこう)(明道)が特に強調した。思想界でひときわ注目されたのは明代に王陽明良知心学の一環として主張して後のことである。万物ともに気によって構成されていることが論理的根拠とされ,万物への愛に覚醒し万物の本質が現実化することを求める。人間社会に即していえば,個々の人が人格的に自立して他者に愛を及ぼし,大同社会を実現することを求めるユートピア思想である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の万物一体論の言及

【陽明学】より

…朱子学といえども自力による自己救済を目ざしたけれども,なお外なるものに依存する弱さをもつと認識して,自力主義をさらに徹底化させたのが陽明学であるともいえよう。陽明学の社会観としては,万物一体論があげられる。これは共同体の構成員がおのおの自力主義を遂行して人格的に自立した個々人が相互に真誠惻怛(そくだつ)の愛を及ぼして大同の世界を実現しようとしたものである。…

※「万物一体論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android