コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧遠 エオン

7件 の用語解説(慧遠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えおん【慧遠】[中国東晋の僧]

334~416]中国、東晋の僧。中国浄土教の祖とされる。廬山(ろざん)に入り修行・教化を行い、同志と白蓮社(びゃくれんしゃ)を設立。出家は王権に屈服する必要はないとする「沙門不敬王者論」を著した。廬山慧遠。

えおん【慧遠】[中国隋の僧]

[523~592]中国、の僧。北周の武帝の仏教廃止令に抗した。のち、長安の浄影寺(じょうようじ)に住み、講説を行った。著「大乗義章」など。浄影寺慧遠。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

慧遠【えおん】

中国,東晋(とうしん)の仏僧。浄土宗の祖師と称され,〈蘆山(ろさん)の慧遠〉といわれる。俗姓賈(か)氏。道安(どうあん)について仏道に入り,無量寿仏像を礼拝し,観想念仏を修し,白蓮(びゃくれん)社という念仏結社をつくる。
→関連項目虎渓三笑浄土教白蓮教仏教廬山

慧遠【えおん】

中国,北周・隋代の仏僧。敦煌(とんこう)の出身。俗姓李(り)氏。晩年長安の浄影(じょうよう)寺に住したので〈浄影寺の慧遠〉という。地論(じろん)宗南道派に属し,解釈学の第一人者

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えおん【慧遠 Huì yuǎn】

523‐592
中国,北周・隋代の僧侶。敦煌(甘粛省)の人。俗姓は李氏。地論宗南道派の法上の門下の第一人者で,北周の武帝が行った廃仏の際に,ひとり抗弁したことで有名。隋の文帝による仏教復興策により,六大徳の一人として召されて長安に入った。浄影寺に住して講読したので廬山の慧遠と区別して〈浄影寺の慧遠〉とよぶ。主著の《大乗義章》14巻をはじめ,《十地経論》《涅槃経》《無量寿経》の注釈を書いた。【礪波 護】

えおん【慧遠 Huì yuǎn】

334‐416
中国,東晋の僧。雁門楼煩(山西省寧武)の人。俗姓は賈(か)氏。中国浄土教の祖師といわれ,念仏の結社〈白蓮社〉の開祖とされる。廬山に住したので〈廬山の慧遠〉といい,隋代の地論宗の浄影寺の慧遠と区別している。13歳のときに郷里を離れて,許昌,洛陽に遊学し,儒教の六経を修め,ことに老荘の学をよくした。354年(永和10),21歳のとき,胡族支配下の混乱のつづく華北から,江南に行き隠士范宣を訪ねようとしたが果たせず,帰って弟の慧持とともに,太行恒山の寺で大いに弘法に努めていた釈道安のもとに参じて弟子となり,仏門に入ることになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えおん【慧遠】

334~416) 中国、東晋の僧。道安に学ぶ。廬山ろざんにこもり、白蓮びやくれん社を結成して念仏行を行じ、経典翻訳を助けた。また、仏教の政治からの独立を説いた「沙門不敬王者論」を著した。廬山の慧遠。
523~592) 中国、隋の僧。敦煌とんこう出身。姓は李氏。北周の武帝の行なった仏教廃止宣言に反対した。洛陽の浄影寺で仏教を講義。著「大乗義章」。浄影寺の慧遠。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の慧遠の言及

【地論宗】より

…早く南北両派に分かれ,北道派は後発の摂論(しようろん)宗とその教義が近く,より精緻な摂論宗へしだいに吸収されたのに対し,南道派には多くの学僧が出て盛えた。隋の浄影寺慧遠(えおん)は最も有名で,彼の著《大乗義章》は,南道派地論宗からみた南北朝期の仏教教理学の集大成として重要である。唐代に華厳宗が興ると発展的にその内に吸収されていった。…

【慧遠】より

…中国,北周・隋代の僧侶。敦煌(甘粛省)の人。俗姓は李氏。地論宗南道派の法上の門下の第一人者で,北周の武帝が行った廃仏の際に,ひとり抗弁したことで有名。隋の文帝による仏教復興策により,六大徳の一人として召されて長安に入った。浄影寺に住して講読したので廬山の慧遠と区別して〈浄影寺の慧遠〉とよぶ。主著の《大乗義章》14巻をはじめ,《十地経論》《涅槃経》《無量寿経》の注釈を書いた。【礪波 護】…

【虎渓三笑】より

…中国,廬山の東林寺に住していた晋の慧遠(えおん)法師が安居禁足の誓いをたて虎渓を渡らずにいたところ,ある日,陶潜(淵明),陸修静の2人を送りながら,知らぬまに虎渓を渡ってしまったことに気づき,3人で大笑したという故事。東洋画の画題としてとりあげられることが多く,中国では宋以降禅宗系の絵画に,日本では室町以降漢画系の絵画に,その作例を残している。…

【沙門不敬王者論】より

…中国,廬山の慧遠(えおん)撰。5篇。…

【浄土教】より

…この阿弥陀浄土をとくに説く浄土経典としては《般舟三昧(はんじゆざんまい)経》と《無量寿経》《阿弥陀経》《観無量寿経》のいわゆる〈浄土三部経〉がある。道安の弟子である東晋の慧遠(えおん)は,廬山の東林寺で僧俗123名と念仏結社,いわゆる白蓮社(びやくれんしや)の誓約をしたことで知られ,中国では慧遠を浄土宗(蓮社)の始祖と仰いでいる。ただし,慧遠を中心とする結社は高僧隠士の求道の集まりで,主として《般舟三昧経》に依拠して見仏を期し,各人が三昧の境地を体得しようと志すものであって,ひろく大衆を対象とする信仰運動ではなかった。…

【東林寺】より

…中国,江西省北部の廬山の北西麓に位置する寺院。東晋の僧慧遠(えおん)が,桓伊(かんい)の寄進で,4世紀末に建てた古刹。慧永の住した西林寺に対した。…

※「慧遠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

慧遠の関連キーワード後秦祖逖南燕王徽之雁門成漢ひすい門楼334

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

慧遠の関連情報