三上一彦(読み)みかみ かずひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三上一彦 みかみ-かずひこ

1836-1911 幕末-明治時代の国学者。
天保(てんぽう)7年生まれ。安芸(あき)(広島県)山県郡新庄村竜山(たつやま)八幡神社の宮司(ぐうじ)三上家の養子。六人部是香(むとべ-よしか),本居豊穎(もとおり-とよかい)らにまなぶ。明治16年広島県神道分局長,大教正。歌人としても知られた。明治44年1月5日死去。76歳。石見(いわみ)(島根県)出身。名は重朝。通称は頼母,県麿。号は干満翁,二葉仙史。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android