コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三上一彦 みかみ かずひこ

1件 の用語解説(三上一彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三上一彦 みかみ-かずひこ

1836-1911 幕末-明治時代の国学者。
天保(てんぽう)7年生まれ。安芸(あき)(広島県)山県郡新庄村竜山(たつやま)八幡神社の宮司(ぐうじ)三上家の養子。六人部是香(むとべ-よしか),本居豊穎(もとおり-とよかい)らにまなぶ。明治16年広島県神道分局長,大教正。歌人としても知られた。明治44年1月5日死去。76歳。石見(いわみ)(島根県)出身。名は重朝。通称は頼母,県麿。号は干満翁,二葉仙史。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三上一彦の関連キーワード桂太郎内閣郡内騒動天保の飢饉ニコライ森次左衛門渡辺政香薩埵徳軒化政文化テキサス併合浜田藩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone