コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井不動産[株] みついふどうさん

百科事典マイペディアの解説

三井不動産[株]【みついふどうさん】

不動産総合トップ。三井御三家の一つ。1940年三井合名が三井物産吸収合併されるのにともない,不動産部門を分離,翌1941年に三井不動産として設立。1957年千葉県臨海地区の臨海土地造成事業に進出。1968年,日本初の超高層ビル霞が関ビル〉を建設。商業ビル,ショッピングモール,ホテルなどを次々と手がけた。その他1983年にはオリエンタルランドに共同出資し〈東京ディズニーランド〉を設立するなど積極経営で知られ,マンションの建設・分譲にも実績をもつ。戦後,三井本家の当主を相談役に招き,1956年には清算中の三井本社を吸収合併している。本社東京。2011年資本金1742億円,2011年3月期売上高1兆4052億円。売上構成(%)は,賃貸30,分譲29,マネジメント20,三井ホーム15,その他7。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みついふどうさん【三井不動産[株]】

不動産業のトップ。1941年三井11家の出資により,前年三井物産に吸収合併された旧三井合名会社の不動産課を分離継承して設立された。その主たる目的は三井家ゆかりの不動産の所有・管理であった。第2次大戦後GHQの財閥解体政策により,三井11家所有の旧株式のすべては一般公開され,株主層は一般化し,同社は実質的に三井家の所有から離れた。56年清算中の(株)三井本社を合併,これが事実上当社の新しいスタートとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の三井不動産[株]の言及

【不動産業】より

…現,国土計画)などの電鉄系各社による都市郊外での土地開発と住宅供給が盛んになった。昭和になってからはオフィス街のビル経営も本格的になり,1937年に三菱地所が,41年に三井不動産が設立され,財閥の不動産部門が独立しはじめた。しかし第2次大戦前の不動産業界は概して小規模で,産業としての形態はまだ整えていなかった。…

※「三井不動産[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三井不動産[株]の関連キーワード三井物産[株]不動産業

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android