超高層ビル(読み)ちょうこうそうビル(英語表記)skyscraper

翻訳|skyscraper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超高層ビル
ちょうこうそうビル
skyscraper

建築用語。日本では 1964年の「建築基準法」の改正により,31mの高さ制限が廃止されて 100mをこえる建物も建つようになった。この名称はその際に従来の高層ビルの概念をこえるものという意味でつくられた言葉である。 68年3月完成の東京霞が関ビルは高さ 147m,地上 36階で,日本の超高層ビルの第1号である。世界でこの先鞭をつけたのは 19世紀末から 20世紀初頭にかけてのシカゴであり,当時「スカイ・スクレーパー」の名で呼ばれ,日本ではその訳語として「摩天楼」の語が用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

超高層ビルの関連情報