コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三代目襲名 さんだいめしゅうめい

世界大百科事典 第2版の解説

さんだいめしゅうめい【三代目襲名】

1960年代に一世をふうびした東映やくざ映画の中の最高傑作の一つで,正式題名は《明治俠客伝・三代目襲名》(1965)。監督は加藤泰。原作は紙屋五平で,脚本は村尾昭,鈴木則文による。やくざ一家の三代目を継いだ男が,渡世上の義理ゆえに薄幸の女郎との愛を断念し,明治の近代化の波の中,やくざ稼業と堅気の土木業とのはざまで苦悩にまみれ,忍耐のあげく敵陣に殴り込むまでを描く。やくざ渡世の掟と愛との相克,ラストの殴り込みは,多くのやくざ映画に共通するパターンであるが,加藤泰一流のローアングルに固定したカメラワークのもと,画面がつねに緊迫した美しさにあふれ,男と女の関係の惨劇を格調高く描く中で,逆説的に愛の想念をうたい上げている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

三代目襲名の関連キーワード鶴田 浩二渡辺 文雄汐路 章

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三代目襲名の関連情報