堅気(読み)かたぎ

精選版 日本国語大辞典「堅気」の解説

かた‐ぎ【堅気】

〘名〙 (形動)
① 心がしっかりしていて、まじめであること。浮薄でなく、ものがたい性格であるさま。りちぎ。きまじめ。
※浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)上「六十八でも生得かたき赤がねさかやき剃たてて」
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉四四「京都へ上って来て今度は堅気(カタギ)に此方で家持ち商売はじめよ」
② 従事している仕事がじみで、堅実であること。また、そういう職業。客商売やばくち打ち、やくざなどに対していう。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「又その前に身受をされて、堅気(カタギ)の人間になった事なら」
③ 型にはまって堅い感じがするさま。
※続末枯(1918)〈久保田万太郎〉「銘仙の酷くカタギな客蒲団を持ち出した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「堅気」の解説

かた‐ぎ【堅気】

[名・形動]
心がしっかりしていてまじめなこと。また、そのさま。律儀。「堅気な人」
職業や生活が、まっとうで、着実なこと。また、そういう人。「堅気の商売」「堅気になる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android