コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三位一体セルギー修道院 さんみいったいセルギーしゅうどういんthe Trinity- Sergius Lavra in Sergiev Posad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三位一体セルギー修道院
さんみいったいセルギーしゅうどういん
the Trinity- Sergius Lavra in Sergiev Posad

ロシア,モスクワの北北東約 70kmの都市セルギエフにある修道院。 1337~40年に聖セルギーによって創建された。その後 16世紀にはイワン4世 (雷帝) の命によって総延長 1km,高さ 15mの城壁が築かれた。同修道院内部にはトロイツキー聖堂 (1422~23) のほか,ウスペンスキー聖堂 (1559~85) ,鐘楼など,モスクワ大公国時代を代表する建築物が残る。 1993年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

三位一体セルギー修道院の関連キーワードイワン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android