コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩戸 いわと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩戸
いわと

宮崎県北西部,高千穂町の東部にある集落。旧村名。 1956年高千穂町と合体。建国神話の地として知られ,アマテラスオオミカミをまつる天の岩戸神社がある。神社に伝わる岩戸神楽 (夜神楽) は重要無形民俗文化財に指定されている。付近に八百万 (やおよろず) の神々が神議 (かむはか) りをしたという天安河原がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いわ‐と〔いは‐〕【岩戸/石戸】

岩屋の入り口の堅固な岩の戸。
「天の原―を開き」〈・一六七〉
古代の墳墓の入り口の戸。
「―割る手力(たぢから)もがも手弱き女(をみな)にしあればすべの知らなく」〈・四一九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩戸
いわと

宮崎県北西部、西臼杵(にしうすき)郡高千穂(たかちほ)町の一地区。旧岩戸村。五ヶ瀬(ごかせ)川の支流岩戸川が南流し、険しい峡谷をなす。天岩戸(あまのいわと)神社があり天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀(まつ)る。秋季には地区ごとに岩戸神楽(かぐら)とよばれる夜(よ)神楽が催される。[横山淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岩戸の関連キーワードタヂカラオノカミ(手力男神)大分県豊後大野市清川町臼尾三重県志摩市磯部町恵利原鳥取県鳥取市福部町岩戸鹿児島県鹿屋市大姶良町大分県竹田市荻町馬場岩戸・磐戸・石門恵利原の水穴いざなぎ景気常世の長鳴鳥清川〈村〉天羽槌雄神天岩戸神社天棚機姫神取り籠もる天の岩屋戸伊弉諾景気天石門別神天糠戸者岩戸調子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩戸の関連情報