岩戸(読み)いわと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩戸
いわと

宮崎県北西部,高千穂町の東部にある集落。旧村名。 1956年高千穂町と合体。建国神話の地として知られ,アマテラスオオミカミをまつる天の岩戸神社がある。神社に伝わる岩戸神楽 (夜神楽) は重要無形民俗文化財に指定されている。付近に八百万 (やおよろず) の神々が神議 (かむはか) りをしたという天安河原がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いわ‐と〔いは‐〕【岩戸/石戸】

岩屋の入り口の堅固な岩の戸。
「天の原―を開き」〈・一六七〉
古代の墳墓の入り口の戸。
「―割る手力(たぢから)もがも手弱き女(をみな)にしあればすべの知らなく」〈・四一九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩戸
いわと

宮崎県北西部、西臼杵(にしうすき)郡高千穂(たかちほ)町の一地区。旧岩戸村。五ヶ瀬(ごかせ)川の支流岩戸川が南流し、険しい峡谷をなす。天岩戸(あまのいわと)神社があり天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀(まつ)る。秋季には地区ごとに岩戸神楽(かぐら)とよばれる夜(よ)神楽が催される。[横山淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩戸の関連情報