コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十人僭主[古代ギリシア] さんじゅうにんせんしゅ[こだいギリシア]hoi Triakonta; Thirty Tyrants

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三十人僭主[古代ギリシア]
さんじゅうにんせんしゅ[こだいギリシア]
hoi Triakonta; Thirty Tyrants

ペロポネソス戦争直後のアテネで,スパルタの武力を背景に民主政を廃止して行われた,クリチアステラメネスら 30人による寡頭支配。父祖伝来の法に基づく新国制を起草する委員として 30人が選ばれ,前 404年にその支配が成立した。彼らは新しく評議員を選び民衆法廷 (ヘーリアイア ) の権限を奪い,やがて殺戮や財産没収の恐怖政治を行なった。クリチアスは穏健な寡頭政を求めるテラメネスを殺し,支配を強化しようとしたが,トラシュブロスをはじめとする民主派は力でこれを倒し,残る僭主はエレウシスへ移った。そしてスパルタのパウサニアス王の干渉もあってアテネの民主政は回復された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android