コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレウシス エレウシスEleusis

6件 の用語解説(エレウシスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エレウシス
エレウシス
Eleusis

古代ギリシアアッチカの都市。現エレフシスアテネの西にあり,おそらく前7世紀までは独立していたが,その後アテネに併合され,395年には西ゴート首長アラリック2世に破壊され,荒廃。デメーテル神殿とそこで毎年9月に行われたデメーテルとその娘の冥府の女王ペルセフォネを祀る密儀によって名高い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エレウシス(Eleusis)

《「エレフシス」とも》現在のアテネの北西にあった古代都市。豊作の女神デメテルとその娘ペルセフォネ(別名コレー)の密儀が行われた神殿の遺跡が残る。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

エレウシス

ギリシア,アテネ西郊の工業都市で,現代名エレフシス。人口約2万人。デメテルとその娘ペルセフォネ(コレ)を主神とする神域,またそこで行われ,ローマ時代まで続いた秘儀(密儀)で有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エレウシス【Eleusis】

ギリシアの首都アテネの西方約20kmに位置し,現在はセメント石油精製,鉄鋼業を中心とする工業の町。人口2万(1981)。エレフシスElevsísともいう。古代にはここで毎年行われていた秘儀で有名であった。デメテルとコレ(ペルセフォネ)を主神とする神域は,ミュケナイ時代にすでに祭祀の場であったらしいが,これとデメテル信仰との直接の関係は不明である。ミュケナイ時代のデメテル信仰の存在は現在までのところ確証されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

エレウシス【Eleusis】

アテネ西方にある古代ギリシャの聖地。古代には農業神デメテルとペルセフォネ(コレー)の母娘神をまつる秘儀が行われ、ギリシャ各地から多くの人々が参集した。ミケーネ時代の神殿・住居跡が発掘されている。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エレウシス
えれうしす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエレウシスの言及

【アッティカ】より

…伝説ではアテナイのテセウス王がこれら共同体を統合(シュノイキスモス)し,アテナイを政治および祭祀の中心と定めたことになっているが,実際にはおそくとも前700年ころまでにアッティカの統一は完了していたらしい。その後,中心市アテナイへの集権化が進む一方,エレウシス,ブラウロン,マラトンなどの地方は,おもに伝統的宗教祭祀のうえで地方色あるいは独自性を保ち続けた。しかし,ペロポネソス戦争の際,ペリクレスの提案によりアッティカの住民はアテナイ市内に疎開することとなり,これは国土の一時的荒廃を招いたばかりでなく,住民の生活に大きな変化をもたらした。…

【雨】より

…素戔嗚尊と雨の結び付きは,《日本書紀》に,彼が高天原から追放され地上に降ったときに,〈風雨甚だふきふる〉と記されていることによっても,確かめられる。 古代ギリシアのエレウシスのデメテル神殿でおこなわれた〈密儀〉の中では,受式者たちは,まず天を仰いで〈雨を降らせ〉と叫び,それから地面の方に目を向け,〈受胎せよ〉と叫んだ。この儀礼に見られる,雨を大地を妊娠させて作物の実りを子として生み出させるために,天が降らせる精液のように見なす観念も,天父地母の信仰と結び付いて世界の各地に見いだされる。…

【デメテル】より

…クロノスとレアの娘で,冥府の女王ペルセフォネの母。彼女についての有名な神話を語る《ホメロス風賛歌》中の〈デメテル賛歌〉(前7世紀末ころ)によれば,彼女がゼウスとの間にもうけた娘のペルセフォネが冥府の王ハデスに誘拐されたとき,娘を求めて世界中をさまよった母神は,アテナイ近郊のエレウシスに来て王ケレオスKeleosの子の乳母となった。しかし,王子を不死にしてやろうと赤子を火中に投じたところを見とがめられた彼女は,怒って本身をあらわし,エレウシスの地にみずからの神殿を築き,祭儀をとり行うよう命じて館を去った。…

【密儀】より

…特に古代ギリシア・ローマにおいては多くの宗教が,このような秘密の儀礼の執行を特徴としていた。その中で最も有名なものは,ギリシアのアッティカ地方の町エレウシスで行われていた密儀で,地名にちなんで〈エレウシス密儀〉とよばれている。密儀の主神はデメテルとその娘ペルセフォネ(コレー)であった。…

※「エレウシス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone