コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペロポネソス戦争 ペロポネソスせんそうPeloponnesian War

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペロポネソス戦争
ペロポネソスせんそう
Peloponnesian War

前 431~404年のアテネスパルタ二大強国間のギリシアを2分した抗争。アテネ帝国の発展が多くのギリシア諸市の自治を破壊しあるいは脅かすにいたり,みずからの地位への脅威を感じたスパルタは,同盟諸国の要請もあり,前 431年アッチカに侵入,開戦となった。前半は「アルキダモス戦争」とも呼ばれ,戦いはアテネ側の2倍の重装歩兵 (ホプリタイ ) を擁するスパルタ側が陸から包囲したのに対し,圧倒的な海軍力を誇るアテネはペリクレスに従い籠城して戦った。途中,アテネは悪疫の流行で人口の4分の1とペリクレスを失うという打撃を受けながら,戦局を有利に展開し,前 421年緊張は依然として続いていたが,戦前の秩序維持を旨とした「ニキアスの平和」が成立した。前 415~413年にアテネはシチリアに空前の大遠征軍を送り,シラクサを攻撃したが,壊滅的敗北を喫した。この敗北は戦争全体の帰趨を決した。この機に乗じたスパルタはアテネ国内のデケレイアを占領して基地とし,アケメネス朝ペルシアの援助を得てペロポネソスの艦隊を増強し,アテネの糧道を脅かしはじめた。アテネ国内でも政治的対立が生じ,前 405年のアイゴスポタモイの戦いでアテネ艦隊は全滅し,翌年アテネは降伏した。ほぼ 30年にわたったペロポネソス戦争の結果,アテネのギリシア統一の野望は破れ,エーゲ海地域からシチリアにいたるギリシア諸国家は,戦争とあつれきによって引裂かれ,国力は衰退し,その打撃からほとんど回復しえなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ペロポネソス戦争

紀元前431年~同404年、都市国家であるスパルタとアテナイが古代ギリシャを二分して覇権を争った戦い。ペルシャの脅威に備えて結成した「デロス同盟」の盟主だったアテナイは、その立場を使い勢力を広げ、前5世紀に海洋帝国を築く。前世紀から覇権を握っていたスパルタが反発し、「ペロポネソス同盟」を率いて対抗した。スパルタが勝利したが、ギリシャ全体の衰退を招くことになった。

(2014-05-19 朝日新聞 朝刊 ニュースの扉)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ペロポネソス‐せんそう〔‐センサウ〕【ペロポネソス戦争】

前431~前404年、アテネを中心とするデロス同盟スパルタを中心とするペロポネソス同盟との間に行われた戦争。ペルシアの援助を受けたスパルタ側の勝利に終わったが、戦争による痛手から、ギリシャ全体が衰退に向かった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ペロポネソス戦争【ペロポネソスせんそう】

前431年から前404年にわたり,ペロポネソス半島を舞台に,アテナイ(アテネ)を中心とするデロス同盟スパルタを中心とするペロポネソス同盟が行った戦争。ほとんどのポリスが両者に分属。最初,陸戦ではスパルタ,海戦ではアテナイが優勢だったが,前429年ペリクレスの死はアテナイにとって大損失となった。前421年ニキアスの和約により一時講和。その後アテナイはシチリア遠征(前413年,前412年)に失敗,デロス同盟諸市の離反が続いた。前405年スパルタ海軍はペルシアの援助でアイゴスポタモイの戦に勝ち,翌年アテナイは降伏。この結果デロス同盟は解散し,以後ポリス社会は衰退期に入った。
→関連項目アリストファネスギリシア(古代)クレオン戦史トゥキュディデス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペロポネソスせんそう【ペロポネソス戦争】

前431年から前404年にかけて,アテナイを盟主とするデロス同盟と,スパルタを中心とするペロポネソス同盟とが,古代ギリシア世界を二分して戦った大戦争。
[原因と経過]
 前435年,ギリシア本土北西岸の植民市エピダムノスの党争をきっかけにコルキュラとコリントスが対立し,前433年,両市の戦いに際しアテナイがコルキュラ救援軍を送ったことにより,アテナイとペロポネソス同盟の有力市コリントスとが争うようになったのが戦争の直接の原因であるが,ペリクレスの指導の下にデロス同盟の盟主としてギリシア随一の勢いを示すアテナイに対し,スパルタが不安と反感を抱くにいたったところに,その遠因があったと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ペロポネソスせんそう【ペロポネソス戦争】

紀元前431年から前404年まで、アテネとスパルタがギリシャ世界を二分して覇権を争った戦争。スパルタの勝利に終わったが、ギリシャ全体の衰退への転機となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペロポネソス戦争
ぺろぽねそすせんそう

紀元前431~前404年、ギリシアのアテネ陣営とスパルタ陣営との間に戦われた戦争。
 前5世紀初めのペルシア戦争の過程で前478/477年に成立した第一次アテネ海上同盟(いわゆるデロス同盟)は、前6世紀後半以降スパルタを盟主として成立していたペロポネソスPeloponnesos同盟に対抗するアテネの「力の政策」の所産であった。このような二大陣営の出現は、従来のギリシア国際政治の環境に重大な変化をもたらし、陣営外にある弱小国の局地的問題を国際紛争にまで増幅させる要因を当初からはらんでいた。前5世紀なかばにおける両陣営のこのような形の対立は、前446年の「30年和約」によって、本格的な正面衝突を回避することができたが、前433年にアテネがコルキラ支援の海軍を派遣し、その翌年にはポテイダイアに出兵してペロポネソス同盟の有力メンバーであるコリントの激しい反発を誘ったことが導火線となって、ペロポネソス同盟は前431年アテネとの開戦に大きく傾いた。
 同年初め、テーベがプラタイアイの内紛に武力介入して両陣営の正面衝突が必至となるや、アテネの指導者ペリクレスは国土荒廃の犠牲を賭(と)しても海軍力による攻勢をとる戦略から、田園の住民を市域の城壁内部に強制疎開させた。はたして同年初夏の穀物が実るころ、スパルタ王アルキダモスの率いるペロポネソス同盟軍がアテネの領土に侵入して戦端が開かれた。翌年も続いて敵軍の侵入を受けた直後、強制疎開で狭い市域に人口が集中して非衛生な生活を余儀なくされていたアテネ住民の間に悪疫が流行し始め、前429年にはペリクレス自身も病没するなど、全市民の実に3分の1がその病魔の犠牲となったといわれる。帝国支配を放棄できないアテネとしてはペリクレス没後も彼の戦略を継承するほかなく、民衆扇動家として悪名高いクレオンはそうした意味でペリクレスの忠実な後継者であった。前425年にこのクレオンの積極作戦が奏功して、ペロポネソス半島南西部ピロス湾岸の小島スファクテリアでスパルタ軍を投降させ、スパルタはその国家体制の体質的弱点であるヘイロタイの反乱の再発を恐れて平和を望み、連年繰り返してきたアテネ領侵入も中断するに至った。だがアテネはキテラ島攻略など、なおいっそう積極攻勢に出たので、スパルタの将ブラシダスはアテネ陣営同盟諸国の切り崩しをねらって北ギリシアに作戦を展開、相当の成功を収めた。前422年アンフィポリスの戦いでクレオン、ブラシダスがともに戦死して、翌年「ニキアスの平和」とよばれる休戦条約が両陣営間に結ばれた。
 だが、この平和は長くは続かず、交戦と外交戦略が展開されるなかで、アテネはアルキビアデスの積極拡大政策をいれて前415年にシチリア遠征を敢行したが、2年後に遠征軍は壊滅した。その後はペロポネソス同盟軍が恒常的にアテネ領の一角を占領するとともに、ペルシア提供の軍資金で海軍力を増強してイオニア方面の海域に出動し、アテネ陣営同盟諸国の離反を誘った。帝国支配がすでに有名無実と化していたアテネは、前405年のアイゴスポタモイの戦いに敗れて制海権を完全に失い、翌年スパルタに降伏した。アテネ市の徹底破壊を主張するコリント、テーベの意向を抑えて、スパルタは長城の撤去、大半の軍船の引き渡し、デロス同盟の解体を降伏の条件とした。[馬場恵二]
『トゥーキュディデース著、久保正彰訳『戦史』全3冊(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のペロポネソス戦争の言及

【アイゴスポタモイの戦】より

…アイゴスポタモイAigospotamoi(アエゴスポタミAegospotami)とは〈ヤギの川〉の意。トラキアのケルソネソス半島東岸を流れる川で,ペロポネソス戦争末期の前405年,スパルタ艦隊とアテナイ艦隊がこの地に布陣。食糧調達のため上陸,散開したアテナイ軍はリュサンドロス率いるスパルタ軍の急襲にあい,大敗北を喫した。…

【アテネ】より

…エフィアルテス暗殺ののちは,ペリクレスがキモンあるいはその後継者トゥキュディデス(同名の歴史家とは別人)と争い,彼らを陶片追放に付して,前443年ついに民主派に最終的勝利をもたらし,以後,前429年その死にいたるまでペリクレスによる単独指導の時代が続く。 ペリクレス時代を頂点とするアテナイの繁栄に転機をもたらしたのが,ペロポネソス戦争であった。敗戦の結果,アテナイはデロス同盟を失い,国内的にも市民数の減少や田園の荒廃など未曾有の打撃を被るが,前4世紀に入ると急速な立直りを見せ,とりわけ前377年にはアテナイ第二海上同盟を結成して,再びエーゲ海に覇を唱えるにいたる。…

【アルキダモス戦争】より

ペロポネソス戦争の最初の10年間(前431‐前421)の戦いをいう。アテナイ,スパルタ両陣営とも互いに相手の勢力圏に対してそれぞれ海上,陸上から攻撃するという戦略をとった。…

【ギリシア】より

…奴隷制もまたこの世紀には鉱工業を中心に大いに発展し,奴隷入手も比較的容易になり,小農民でも1~2人の奴隷をもつことができるようになった。このようにアテナイが海上支配の利益を独占して繁栄したことは,同盟諸市の不満を大きくするとともに,ペロポネソス同盟の盟主スパルタの嫉妬と反目をつのらせることとなり,ついに両勢はギリシア世界を二分して衝突することとなった(ペロポネソス戦争。前431‐前404)。…

【コリントス】より

…ペルシア戦争では大部隊を派遣して各戦いに参加する。しかし戦後のアテナイの急速な興隆とその西方への介入はコリントスの脅威となり,ケルキュラとポテイダイアをめぐるアテナイとの争いは,前431年に勃発したペロポネソス戦争の直接的原因となった。ペロポネソス戦争後は,ギリシアの覇権を握ったスパルタに対抗するために一転してアテナイ,テーバイ,アルゴスと結託,これがコリントス戦争の因となる。…

【スパルタ】より

…スパルタは前460年代には大地震に端を発したヘイロータイの大反乱に難渋し,また前450年代にはアテナイと戦火を交えた。前446年には両国は30年の和約を結んだが,アテナイの脅威に直接さらされたコリントスやメガラに押されて,スパルタは開戦を決定し,ペロポネソス戦争が始まった(前431)。戦争の後半にはスパルタ勢はアッティカに砦を築いて常駐し,ペルシアの財力で海軍を強化してアテナイを破った。…

【戦史】より

トゥキュディデスが,アテナイと,スパルタを中心とする反アテナイ陣営のポリスとの間で戦われた,いわゆるペロポネソス戦争(前431‐前404)をつづった歴史記述。自身の目前でおこなわれた大事件の記録をみずから取り,かつひとつの全体に構成していった,言葉の本来の意味における同時代史である。…

【トゥキュディデス】より

…古代ギリシアの代表的歴史家の一人。ペロポネソス戦争を扱った未完の史書《戦史》の著者。オロロスを父としてアテナイの権門に生まれる。…

【ブラシダス】より

…スパルタの将軍。ペロポネソス戦争に参加,前424年キュテラ島を奪われスパルタが劣勢にあったとき,トラキアへ遠征した。彼はアンフィポリスをはじめアテナイの重要拠点を奪って形勢を逆転し,翌年休戦条約締結後もスキオネなどをアテナイから離反させた。…

※「ペロポネソス戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ペロポネソス戦争の関連キーワードアルキダモス[2世]デモステネス(将軍)ケファリニア[島]ツキディデスの罠アルキダモス2世ヘラクレスの子らアイゴスポタモイヘレノタミアイリュシストラテエピタフィオスデリオンの戦いツキディデスムネシクレスエピダムノスクレオフォンデモステネスエピタデウスフォルミオンアルギヌサイブラシダス

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android