三升格子(読み)さんじょうごうし

精選版 日本国語大辞典「三升格子」の解説

さんじょう‐ごうし ‥ガウシ【三升格子】

〘名〙 市川団十郎家の三升(みます)の紋を格子に作った柄。団十郎縞。みますごうし
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)後「はでやかな三升格子(サンジャウガウシ)のどてらを着」

みます‐ごうし ‥ガウシ【三升格子】

〘名〙 三枡を集めたような柄の格子縞団十郎格子三升縞。三升。三筋格子
歌舞伎梅柳若葉加賀染(1819)四立「鎌輪奴が引込んだら、三升格子が出るやつさ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android