コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌輪奴 カマワヌ

デジタル大辞泉の解説

かま‐わ‐ぬ【鎌輪奴】

江戸時代、元禄(1688~1704)のころ、町奴(まちやっこ)の間で流行した衣服などの模様。鎌の絵に、丸い輪と「ぬ」の字を連ねたもので、「構わぬ」にかけてしゃれたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かまわぬ【鎌輪奴】

〔「構わぬ」にかけたしゃれ〕
元禄年間(1688~1704)に流行した衣類の模様。「鎌」と「輪」の形と「ぬ」の字とを組み合わせたもので、町奴まちやつこなどが用いた。のち歌舞伎の市川家で用いるようになった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鎌輪奴の関連キーワード江戸時代斧琴菊文やっこ町奴

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android