鎌輪奴(読み)カマワヌ

大辞林 第三版の解説

かまわぬ【鎌輪奴】

〔「構わぬ」にかけたしゃれ〕
元禄年間(1688~1704)に流行した衣類の模様。「鎌」と「輪」の形と「ぬ」の字とを組み合わせたもので、町奴まちやつこなどが用いた。のち歌舞伎の市川家で用いるようになった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android