コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌輪奴 カマワヌ

2件 の用語解説(鎌輪奴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かま‐わ‐ぬ【鎌輪奴】

江戸時代、元禄(1688~1704)のころ、町奴(まちやっこ)の間で流行した衣服などの模様。鎌の絵に、丸い輪と「ぬ」の字を連ねたもので、「構わぬ」にかけてしゃれたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かまわぬ【鎌輪奴】

〔「構わぬ」にかけたしゃれ〕
元禄年間(1688~1704)に流行した衣類の模様。「鎌」と「輪」の形と「ぬ」の字とを組み合わせたもので、町奴まちやつこなどが用いた。のち歌舞伎の市川家で用いるようになった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

鎌輪奴の関連キーワード元禄市川団十郎幇間桑原仙渓野呂松遣い表具屋節筑前国友禅落語立花時勢粧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone