コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三筋格子 ミスジゴウシ

デジタル大辞泉の解説

みすじ‐ごうし〔みすぢガウシ〕【三筋格子】

格子縞の一種。縦・横に3本一組の縞模様を配列したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三筋格子
みすじごうし

縦・横に、太い三筋縞(じま)と細い三筋縞とを交互に繰り返した格子模様。文化・文政(ぶんかぶんせい)期(1804~30)に流行した歌舞伎(かぶき)模様の一つ。市川団十郎の定紋、三升(みます)を崩して三筋格子となったといわれている。このため三升格子ともよぶ。村元雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三筋格子の関連キーワード歌舞伎模様

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android