三筋格子(読み)みすじごうし

日本大百科全書(ニッポニカ)「三筋格子」の解説

三筋格子
みすじごうし

に、太い三筋縞(じま)と細い三筋縞とを交互に繰り返した格子模様。文化・文政(ぶんかぶんせい)期(1804~30)に流行した歌舞伎(かぶき)模様の一つ。市川団十郎の定紋、三升(みます)を崩して三筋格子となったといわれている。このため三升格子ともよぶ。

村元雄]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「三筋格子」の解説

みすじ‐ごうし みすぢガウシ【三筋格子】

〘名〙 歌舞伎俳優七世市川団十郎が定紋三升(みます)を崩して格子縞(こうしじま)とした模様。文化・文政(一八〇四‐三〇)期に流行した模様。
随筆・寝ぬ夜のすさび(1846頃か)三「三すじ格子は家紋の三枡の格子をとり、崩してかくせしなり、今も猶廃らず行はる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる