コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三味線貝 シャミセンガイ

デジタル大辞泉の解説

しゃみせん‐がい〔‐がひ〕【三味線貝】

腕足綱シャミセンガイ科の触手動物。背腹に2枚の薄い殻をもち、殻の後端から長い肉柄を出す。本州・四国・九州沿岸の海底に穴を掘ってすむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃみせんがい【三味線貝】

腕足綱の触手動物。長方形の薄い二枚の殻と肉質で棹さお状の柄があり、三味線に似る。殻長3センチメートル 内外、柄は4センチメートルほど。肉は食用。日本各地の内湾の泥底にすむ。古生代以来、体制にあまり変化がなく、「生きている化石」の一つとされる。メカジャ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

三味線貝 (シャミセンガイ)

動物。シャミセンガイ科の動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

三味線貝の関連キーワードメカジャ腕足綱内湾

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android