三味線貝(読み)シャミセンガイ

デジタル大辞泉の解説

しゃみせん‐がい〔‐がひ〕【三味線貝】

腕足綱シャミセンガイ科の触手動物。背腹に2枚の薄い殻をもち、殻の後端から長い肉柄を出す。本州・四国・九州沿岸の海底に穴を掘ってすむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃみせんがい【三味線貝】

腕足綱の触手動物。長方形の薄い二枚の殻と肉質で棹さお状の柄があり、三味線に似る。殻長3センチメートル 内外、柄は4センチメートルほど。肉は食用。日本各地の内湾の泥底にすむ。古生代以来、体制にあまり変化がなく、「生きている化石」の一つとされる。メカジャ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

三味線貝 (シャミセンガイ)

動物。シャミセンガイ科の動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android