三味線貝(読み)シャミセンガイ

デジタル大辞泉の解説

しゃみせん‐がい〔‐がひ〕【三味線貝】

腕足綱シャミセンガイ科の触手動物。背腹に2枚の薄いをもち、殻の後端から長い肉柄を出す。本州・四国・九州沿岸の海底に穴を掘ってすむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃみせんがい【三味線貝】

腕足綱の触手動物。長方形の薄い二枚の殻と肉質で棹さお状の柄があり、三味線に似る。殻長3センチメートル 内外、柄は4センチメートルほど。肉は食用。日本各地の内湾の泥底にすむ。古生代以来、体制にあまり変化がなく、「生きている化石」の一つとされる。メカジャ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

三味線貝 (シャミセンガイ)

動物。シャミセンガイ科の動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃみせん‐がい ‥がひ【三味線貝】

〘名〙
① シャミセンガイ科の触手動物の総称。本州・四国・九州の内湾の泥底に穴をほってすみ、特に瀬戸内海有明海に多い。この仲間は古生代カンブリア紀から現在まで体のつくりがほとんど変わっていないと考えられる動物の一つで、「生きている化石」といわれている。
② ①の一種、ミドリシャミセンガイのこと。二枚貝に似た殻をもち、後端から伸縮性に富む肉質の長い柄がでている。殻は長さ三センチメートルぐらいの丸みを帯びた長方形で、緑色またはオリーブ色。二枚の殻は蝶つがいで組み合わされていない。地方によっては食用とする。めかじゃ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android