コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三好監物 みよし けんもつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好監物 みよし-けんもつ

1815-1868 幕末の武士。
文化12年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。若年寄となり,藩政参与大政奉還のとき主命で京都にゆき,会津(あいづ)征討朝命をうけ奥羽鎮撫総督とともに帰藩した。奥羽越列藩同盟の結成により失脚,慶応4年8月15日自刃(じじん)した。54歳。名は清房。号は閑斎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三好監物

没年:明治1.8.15(1868.9.30)
生年:文化12(1815)
幕末の仙台藩士。大政奉還ののち藩の重臣として上洛。奥羽鎮撫総督九条道孝に従い帰藩。奥羽越列藩同盟の中枢であった藩庁の圧力を受け自刃。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

三好監物の関連キーワード没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android