三宅一郎(読み)みやけ いちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅一郎 みやけ-いちろう

1931- 昭和後期-平成時代の政治学者。
昭和6年7月30日生まれ。49年同志社大教授となり,61年神戸大教授,平成8年関西大教授。政治意識論,政治行動論専攻。さまざまな選挙結果のデータを独自のプログラムをもちいて解析し,日本人の政治意識と投票行動の関係を研究する。兵庫県出身。京大卒。著作に「政党支持の分析」「投票行動」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android