コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅友信 みやけ とものぶ

1件 の用語解説(三宅友信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅友信 みやけ-とものぶ

1807*-1886 江戸時代後期の蘭学者。
文化3年11月27日生まれ。三河(愛知県)田原藩主三宅康友の子。若隠居して江戸にすみ,側用人渡辺崋山(かざん)のすすめで蘭学を研究。原書をあつめ高野長英,小関三英らを翻訳にあたらせるなど,洋学の後援者となった。明治19年8月8日死去。81歳。字(あざな)は子信。通称は鋼蔵。号は毅斎,片鉄。訳書に「泰西兵鑑初編」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

三宅友信の関連キーワード橋本宗吉大高元哲大庭雪斎佐々木元俊佐藤東斎下間良弼末次忠助杉田恭卿高桑元吉和田宗淳

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone