コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅義信 みやけよしのぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三宅義信
みやけよしのぶ

[生]1939.11.24. 宮城
ウエイトリフティング選手。高校在学中にウエイトリフティングを始めた。法政大学在学中の 1960年,ローマ・オリンピック競技大会のバンタム級で銀メダルを獲得。1962年同大学卒業後,自衛隊に入隊。1964年東京オリンピック競技大会に自衛隊体育学校から選手として出場,フェザー級で世界新記録を樹立して日本の大会金メダル第1号となった。1968年のメキシコシティー・オリンピック競技大会フェザー級でも優勝,オリンピック 2連覇を成し遂げた。さらに,1972年ミュンヘン大会で 4位となり,4回連続オリンピック入賞を果たした。世界選手権大会でも 4回優勝して,日本ウエイトリフティング軽量級の黄金時代を築いた。身長 155cmで,「小さな巨人」といわれた。1993~97年自衛隊体育学校校長,2004年アテネ・オリンピック競技大会代表監督を務めた。1997年紫綬褒章,2011年瑞宝小綬章受章。(→ミュンヘン・オリンピック競技大会

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅義信 みやけ-よしのぶ

1939- 昭和後期-平成時代の重量挙げ選手,指導者。
昭和14年11月24日生まれ。35年ローマ五輪バンタム級で銀メダル。自衛隊体育学校にすすみ,39年東京五輪フェザー級で金メダル。43年メキシコ五輪で連覇,銅メダルの弟義行とともに表彰台にのぼる。47年ミュンヘン五輪4位。平成5年自衛隊体育学校校長。日本ウエイトリフティング協会副会長。宮城県出身。法大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三宅義信の言及

【ウェイトリフティング】より

…オリンピックには52年のヘルシンキ大会(第15回)から参加した。64年の東京大会(第18回)と68年のメキシコ大会(第19回)では,三宅義信がフェザー級に連続優勝,日本チームとしても好成績を残した。世界選手権大会は毎年開催され,オリンピック開催年はオリンピックの競技会がそれを兼ねる。…

※「三宅義信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三宅義信の関連キーワード村田町歴史みらい館メキシコシティー指導者

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三宅義信の関連情報