コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三島時正 みしま ときまさ

1件 の用語解説(三島時正の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三島時正 みしま-ときまさ

1849-1866 幕末の農民。
嘉永(かえい)2年生まれ。備中(びっちゅう)(岡山県)窪屋郡の庄屋の長男。第2次幕長戦争のとき,えらばれて倉敷代官所を守備。慶応2年4月10日長州第二奇兵隊の脱走兵に代官所をおそわれ(倉敷浅尾騒動),討ち死に。18歳。幕府は賞して家に名字帯刀をゆるした。通称は定太郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三島時正の関連キーワード英学ジェームズKポーク勢力富五郎三井八郎次郎火成花崗岩武江年表スロバキア文学徳川家茂小泉信吉

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone