三島時正(読み)みしま ときまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三島時正 みしま-ときまさ

1849-1866 幕末の農民。
嘉永(かえい)2年生まれ。備中(びっちゅう)(岡山県)窪屋郡の庄屋の長男。第2次幕長戦争のとき,えらばれて倉敷代官所を守備。慶応2年4月10日長州第二奇兵隊の脱走兵に代官所をおそわれ(倉敷浅尾騒動),討ち死に。18歳。幕府は賞して家に名字帯刀をゆるした。通称は定太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android