コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三春人形 みはるにんぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三春人形
みはるにんぎょう

福島県三春町一帯 (旧三春藩領) で古くから作られてきた郷土玩具の張り子人形。三春張り子ともいう。古い作品はきわめて芸術性が高い。正徳・享保期 (1711~36) 以前は「でく,でこ」と称する張り子玩具を作るのに,7代藩主秋田倩存公が江戸から人形師を招いて「でこ屋敷」を与え,農民に技法を教えさせた。その後,歌舞伎や浮世絵を題材に,文化文政期 (1804~30) 頃最盛を誇ったが,明治以後は衰退した。第2次世界大戦後の民芸ブームで復興し,子連れ,首振り虎,舞姿などの種類が作られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みはるにんぎょう【三春人形】

福島県郡山市西田町高柴および田村郡三春町で製作されている張子人形。伝統的な郷土玩具類の代表的な人形として知られる。江戸時代正徳・享保(1711‐36)のころまでは三春藩領の高柴付近で子ども相手のデク,デコと呼ぶ張子玩具がつくられていたという。隣接の伊達郡川崎村が和紙の産地であったのが三春人形発達の要因になった。当時の三春藩主秋田倩季(よしすえ)が,農閑期の副業奨励のため江戸の人形師を招き領内の高柴に〈デコ屋敷〉を与えて張子人形製作の技法を農民に修得させたのが始まりという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三春人形の関連キーワード福島県郡山市西田町高柴福島県田村郡三春町郡山(市)三春張子

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三春人形の関連情報