コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三村日修 みむら にっしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三村日修 みむら-にっしゅう

1823-1891 江戸後期-明治時代の僧。
文政6年3月4日生まれ。加賀金沢の充洽(じゅうごう)園で日輝にまなぶ。大阪中教院講主,京都本圀寺(ほんこくじ)住職などをへて,明治18年日蓮宗管長,19年身延山法主。同宗の教育,布教の振興のため,身延山中心体制の確立をめざした。明治24年5月17日死去。69歳。備後(びんご)(広島県)出身。字(あざな)は円政,宴政。号は心妙院。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三村日修の関連キーワード小泉 日慈小泉日慈明治時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android