コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三村日修 みむら にっしゅう

1件 の用語解説(三村日修の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三村日修 みむら-にっしゅう

1823-1891 江戸後期-明治時代の僧。
文政6年3月4日生まれ。加賀金沢の充洽(じゅうごう)園で日輝にまなぶ。大阪中教院講主,京都本圀寺(ほんこくじ)住職などをへて,明治18年日蓮宗管長,19年身延山法主。同宗の教育,布教の振興のため,身延山中心体制の確立をめざした。明治24年5月17日死去。69歳。備後(びんご)(広島県)出身。字(あざな)は円政,宴政。号は心妙院。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三村日修の関連キーワード荘厳ミサ曲木村嘉平シーボルトロゼロ菅野序遊科学史白河藩雲竜久吉雲竜久吉ゴンチャロフ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone